歯科治療でなにを一番大切にして欲しいか

春日部市豊春駅前の歯医者、チャーミー歯科春日部でございます。

歯科治療において大切にしたいことは患者様によって違うと思います。

むし歯の治療なら治療期間や費用に重きを置く方もいらっしゃるでしょうし、審美性やその後のお手入れのしやすさ、耐久性などに重きを置く方もいらっしゃいます。

さて、歯周病が進んでしまって歯がグラグラしている、むし歯が酷く、ほとんど歯が残っていない…など抜歯の必要性を問われる時はどうでしょう。

出来るだけ歯を抜きたくない!という方もいらっしゃるでしょうし、もう諦めて抜歯をして代わりの歯を入れる選択をする方もいらっしゃるでしょう。

レントゲン写真や歯肉の状態、歯の根っこの状態などから総合的に歯科医の判断で抜歯をせざるを得ないという場合を除いて、出来る限り患者様の意向に従って治療は進めていきます。

もし根っこだけは残せる状態であれば、神経の治療などを経て代わりの被せものを作ったりコーピングをして歯の根っこを延命します。

歯の根っこだけでも残すというのはメリットがあります。

歯と歯茎の間には歯根膜という膜があり、なにかを噛むと刺激は歯根膜を経て脳に伝わっていきます。そうして脳の血流が良くなり認知症の予防効果や血流改善効果が期待されるなどメリットは口の中だけにとどまりません。

歯科治療を受けるときになにを大切にしたいか、というものはぜひ患者様自身に持っていて頂きたいなと思います🌸

私たちクリニック側も出来る限り患者様に寄り添った治療をしていきたいと思っています😊

前の記事

脱水の恐ろしさ😱