熱い飲み物は発がんリスクが上がる!?

春日部市豊春駅前の歯医者、チャーミー歯科春日部でございます。

熱い飲み物を飲む習慣がある方はがんを発症するリスクが飲まない人に比べて高くなることが分かってきたそうです。

理由はまだ定かではないようですが、熱い飲み物が食道を通過する際細胞を傷つけてしまい、修復しようと細胞分裂が活発になる結果がん細胞に分化してしまう可能性が上がるからではないか…との事でした。

たしかに、がん細胞というのは細胞分裂の際に何らかの異常が生じた結果ですので、細胞分裂が活発に行われるならば発現するリスクが上がるというのは納得がいきます。

緑茶ならば熱湯ではなく、少し冷ました温度のお湯(70〜80℃程度)で淹れると苦味が出にくく美味しくなります。

熱いお茶は美味しいのですが、少し冷ましてから飲んだ方が体にとっては優しいかもしれません。

次の記事

禁煙デー