口唇ヘルペス

春日部市豊春駅前の歯医者、チャーミー歯科春日部でございます。

今回は口唇ヘルペスについて書いていきます。

口唇ヘルペスは唇や唇の周りに小さな水膨れができる感染性の病気で、痛みを伴う事もあります。

単純ヘルペスウイルス(HSV-1)に一度感染することで体内にウイルスが潜伏するようになります。

多くは子供の頃に感染するようで、無症状のこともあります。

疲れが溜まっていたり免疫力が落ちることで症状があらわれるため、疲れを溜めないことが大切です。

 

症状の出方としては、唇や鼻の周りが赤くなり、少しすると小さな水膨れが集まってきます。

水膨れの中には沢山のウイルスが入っているため、潰さないようにしましょう。もし破けてしまったら触らないよう、気をつけましょう。

通常は1〜2週間でカサブタとなり、おさまります。

唇や鼻の周り、口角周辺に水膨れが出来た場合は皮膚科を受診し、薬を処方してもらってください。

ヘルペスだった場合は抗ウイルス薬、塗り薬が出ることが多いようです。

 

免疫力をアップさせるには、実は口腔内を綺麗にすることも大切です。歯周病菌が体内に入ると体の免疫能が働くため、外部からのウイルスへの抵抗力が弱まるからです。

ぜひ定期的に検診やクリーニングを受けて口の中を綺麗に保ちましょう。

また、酸素ルームやプラセンタ点滴など様々な施術メニューがありますので活用してくださいね🌸

前の記事

10/8は入れ歯の日

次の記事

マスクの下のお口💋