むし歯のリスクのはなし

春日部市豊春駅前の歯医者、チャーミー歯科春日部でございます。

むし歯になるときはいくつかの条件があります。

まず、歯の質です。

エナメル質が薄くなってしまっていたり、元々歯質がもろいとむし歯になりやすくなります。

次に食べ物です。

糖質を多く含む食べ物ばかり食べていると、口腔内にいる細菌の餌になり歯の表面を溶かす酸を出してしまいます。

長い時間口腔内に糖質を溜め込まないこともとても大切です。

すぐに歯磨きができない時は水を飲んだりうがいをしたりしましょう。

3つ目はむし歯菌の数です。

そもそも細菌の数が多ければむし歯になるリスクは高くなります。

さこれらの3つの元素が重なり合うとむし歯となります。

さらに、詰め物の種類などの要因も影響することがあります。

銀歯やプラスチックが含まれたハイブリッドインレーなどは汚れを溜めやすい性質があるため、こまめに磨いて定期的にクリーニングをしていかないと二次カリエスを引き起こす要因となります。

むし歯を作らないよう、上に書いた要因が重なり合わないようこまめに口腔内はお手入れすると良いですよ🦷✨

前の記事

歯肉炎とは?