新型コロナウイルス感染症の死亡者から「歯周病菌」が大量に発見

   

こんにちは、春日部市豊春駅前の、チャーミー歯科春日部です。
本日は、新型コロナウイルスの感染リスクが歯周病によって高まるというニュースをお伝えしたいと思います。

歯周病が新型コロナウイルスへの感染リスクを高める

今現在も世界中で多くの犠牲者を出し続け、未知のウイルスとして恐れられている新型コロナウイルス。
初めて報告されてからまもなく1年が経とうとしている現在、少しづつではありますがこのウイルスの正体もつ解明されつつあります。

そんな中、2020年の7月にイギリスの医学雑誌でオンライン公開された「新型コロナウイルス感染症で死亡した人から歯周病菌が大量に見つかった」との報告が医療関係者の間で話題になっています。

レポートのタイトルは「COVID-19での口腔内細菌の役割」というもので、その内容は
「新型コロナウイルス感染症の死亡や重症化リスクを高める要因として、これまで言われていた心臓病、高血圧、糖尿病などだけではなく、歯周病菌などの口腔内細菌も深く関係している」
とのこと。

研究チームが新型コロナウイルス感染症で死亡した人を調べると、歯周病菌が大量に見つかったことから、口の中が汚れていて歯周病などがある人は、新型コロナウイルスに感染した場合に重症化リスクが高まる可能性があると発表されています。

実は、歯周病がウイルスへの感染リスクを高めるということはすでに知られていることで、 歯周病研究の第一人者で日本歯周病学会元理事長の伊藤公一・日本大学名誉教授は、

「歯周病がウイルスや細菌の感染リスクを高めることは、歯周病研究者や臨床医にとって、”常識”と言えます。 多くの論文もあり、古くは100年前のスペイン風邪(インフルエンザ)でも、むし歯や歯周病のある患者はインフルエンザに感染しやすいという報告があるくらいです」 「歯周病菌はプロテアーゼという酵素を出しますが、これが粘膜を傷つけてウイルスを侵入しやすくしています。 また、歯周病で歯ぐきに慢性的な炎症が起きていると炎症物質(IL-6)が産生され、ウイルスによる感染を促進するのです」

と解説されています。

 

子どもが新型コロナに感染しにくいのも「歯周病」が関係している

「子どもは新型コロナウイルスに感染しても重症化しにくい」というニュースを耳にしたことがあるかと思います。
実はこの理由の一つとして、「大人に比べて子どもは歯周病に罹っている割合が少ないこと」が挙げられています。

もちろん、子どもであっても、ケアを怠って長期間口腔内を不潔な状態で放置していると歯周病になってしまいますが、子どもの場合、ほとんどが慢性化する前の軽度な歯肉炎であることが多いため、きちんとケアをすれば比較的短期間で治すことができます。

ですが、大人になって歯周病が慢性化してしまうと、ウイルスへの免疫も失われてしまい、コロナウイルスをはじめさまざまなウイルスによる感染を促進してしまうのです。

 

正しいブラッシングや舌磨きでインフルエンザ発症率が10分の1に抑えられたケースも

口腔ケアがウイルスの感染リスクを抑えるという研究結果はたくさんあり、例えば、正しいブラッシングや舌磨きを行うと、インフルエンザ発症率が10分の1に減った例や、歯科衛生士が週1回、口腔ケアや歯のクリーニングを実施したところ、インフルエンザの発症率が87%も減少し、風邪の発症率も24%減少した例などがあります。

また、高齢者の誤嚥性肺炎も口腔ケアにより抑えられるという研究もあり、1999年に全国11カ所の高齢者施設で2年間にわたり行われた研究では、歯科衛生士による専門的な口腔ケアを行うことで高齢者の誤嚥性肺炎が40%減少し、さらに発症しても軽症ですみ、死亡者数も減少、認知症の進行まで抑えられたという報告がされています。

 

舌の汚れを落とすことで、新型コロナウイルスの感染予防ができる

先日開催された「歯と口の健康シンポジウム2020」で、舌に付く細菌の塊である舌苔には新型コロナウイルスが感染しやすくなる酵素が大量に存在するとの発表がありました。

新型コロナウイルスは細胞表面のタンパク質ACE受容体にくっついて細胞に侵入しますが、このACE受容体は口腔粘膜にも存在していて、特に舌の表面に多くみられますとのこと。

つまり、口の中が汚れていて舌苔が多い人は新型コロナウイルスに感染しやすいため、口腔ケアを行う際、歯を磨くと同時に、舌も磨いて舌苔を落とすことが、感染予防にとって重要とのことでした。

 

まとめ

最近ではワクチン開発も進み、手洗い、消毒、マスクの着用が徹底して行われるようになっていますが、新型コロナウイルス感染予防の対策として、「口腔ケア」もとても有効であることがわかってきました。

ご自宅でのケアはもちろんのこと、プロの歯科衛生士による口腔ケアも取り入れて、ご自身の健康維持にお役立ていただきたいと思います。

歯のこと、お口のことでお悩みのことがあれば、ぜひお気軽にご相談下さい。



チャーミー歯科春日部:https://charmy-shika-kasukabe.com/

電話:048-752-5606
住所:〒344-0046 春日部市上蛭田132-4 昭和第二ビル2階
最寄り駅:東武野田線豊春駅徒歩1分

PAGE TOP